和気アルプスの保全・整備状況の報告です。

2016年12月時点

・バリエーションルートである穂高北面ガリー(鈴木ガリー)のアプローチ入口に砂防ダムができています。

 ここの沢は倒木がひどかったのですが、11月末にチェーンソーで倒木処理し、快適になりました。

・第1エリア(東壁、リッジルート)はマルハナバチの巣も無くなり、問題ありません。

・第2エリア(白岩様、チンネ・スラブ、ダンガメ稜)と神ノ上山頂が泉区有志によって道標整備と刈り払い整備がされています

・第3エリア(荒神ー、日電歩道)は、直登アプローチの枝沢内と日電歩道の奥ノ岩までのウラジロ刈り払いをしました

 

2017

1月

6日、アタゴ尾根の愛宕様からお墓までを軽く刈り払いました

   愛宕様直下の岩場の「迷い防止用のトラロープ」が切られていたので、修繕しました。

大田原区?によって天神尾根のアプローチが綺麗に刈り払われています。)

13日の金曜日、ザイテンバイパスのチェックをしました。山麓に宙ぶらりんになった大きな倒木があったので、下まで落としました。

北林道ルートもチェックしにいくと、麓の池を改修する大工事がされており、工事作業者に伺うと、

なんと工事完了に2年もかかるとのことで、2019年2月頃まで北林道ルートの通行を控えるようにトップにアップしました。

24日、益原新町の民家先に付けさせてもらっていたザイテングラートの登山口標を更新しました。

2月

28日、北面ガリーの取付きに標識フダをつけました。また、上部のガリー内に100kgほどの岩があったので、登攀中に落ちてこないように、落下処分しました。

涸沢峰にあった竜王山への道標が無くなっていたので、新設しました。

小竜王に向かう鞍部が不明瞭になっていたので、金テープと軽い刈り払い整備をしました。

一ノ倉沢のひらけた岩場に「一ノ倉沢 センタークーロワール」の標識フダをつけました。

一ノ倉沢下部の藪沢部分を谷底の出合まで整備し、出合と谷底の黄標識にも標識フダをつけました。

マチガ沢出合に標識フダをつけ、マチガ沢の最初の小滝に「マチガ沢 滝沢スラブ」の標識フダをつけました。

ホダカガリーの滝谷出合も整備し標識フダを付けました。

3月

8日、竜王山バットレス一ノ倉沢に釣り尾根の最低鞍部からアプローチルートを設定完了しました。

クライムダウンルートとして幽ノ沢を整備し、標識フダをつけました。

大田原集落の堰堤広場から谷底を滝谷、マチガ沢、一ノ倉沢、幽ノ沢の出合まで整備しました

14日、天神尾根のシダを刈り払い整備しました。

ダイレクトルンゼの取り付きを整備して標識フダをつけ、天神尾根の枝尾根から谷底の取り付きへのアプローチルートを設定しました

これで、足場の悪いザレ場のトラバース下降をせずに取り付けるようになりました。

なお、藤原団地からダイレクトルンゼへのアプローチは気持ちいい林歩きです。

石切り場跡から東の谷底に下降する踏み跡を整備しました。

小竜王から土柱沢を下降する踏み跡を整備しました。

25日、クライミングサーキットの紹介を兼ねて、第4エリアのHPを更新しました。(27日、再更新。)

30日、バットレスの谷底(一ノ倉沢出合)の倒木をチェンソーでカット除去しました。

 マチガ沢の小滝の先の出合滝:3mまでを枝払いしました。

 

 

 

 

トップへ。

inserted by FC2 system