警告

 

和気アルプスは松茸山につき、

毎年91日から1130日まで全山入山禁止です

 

入山禁止を守ろうとしない登山者へ

地主とのトラブルで登山できなくなった山が、全国でいまも増加しています。

“テープがない。”“はるばる来たから。”“知らなかった。”“何も取らないから。”“まあ、いいだろう。”などと、いいかげんなことを思っている人は、意識改革しないと まわりの皆に大変な迷惑をかけることになります。

いいかげんな認識が悲劇になる事を理解し、ただちに引き返してください

登山者に知っておいてほしいこと。

林道をのぞく全ての和気アの登山道は、公共の道路ではありません。全ての登山道の土地は地主さんのものです。個人ではなく町、区の管理地の場合も管理役員さんに権利があります。

特に町や区の管理地は松茸期間になると個人に落札されており、個人所有と同じになっています。

“境界線になっている山道ならいいだろう。”は大間違い。境界線の面積はゼロです。仮に境を歩くなら、両方の地主さんの許可が要ります。

要は、和気アの山歩きが楽しめるのは地主さんの温情あってのことであり、(松茸期間以外なら大目に見てくれているというだけです。)この恩をアダで返す者に山を歩く資格はありません

ゴミを落とさないのはもちろん。草木、岩石にいたるまで採取してはいけません。

 

地主の皆様へ。

平素の御厚情 感謝致しております。はなはだ遺憾ではありますが、このような警告文を04年より追加掲示いたしました。

和気アルプスの登山者は年間5千人以上にもなっており、増加につれ勝手な輩もあとを絶ちません。これだけしても無視する者は構わず警察に通報してください

私にも、このような事態を招いた責任がありますので、お困りのことなどありましたら対処いたしますので、遠慮なく申しつけください。

       和気町和気281−4   藤本 正道

 

 

 

 

トップへ

inserted by FC2 system